人生ネタ作り。

17.5卒のスタートアップ1年生!自由に楽しく暮らしたい!!

MENU

【ナンパ】恵比寿にて巧みなおじさん

こんにちは、ハチです。

 

コリドー街のナンパ記事が意外と好評だったので、面白かったナンパを書いてみたいと思います。

 

私の親友に菜々緒似の超絶美人がいるのですが、彼女といる時に高確率でナンパされるので、とてもネタになります。

以降、登場するときは彼女を菜々緒と呼びましょう。

 

 

 

私は基本的にお酒を飲まないのですが、唯一菜々緒といる時だけ飲みます。

菜々緒はお酒が大好きなので、一緒に飲むと勉強になるし楽しいです♪

二人で飲むときは基本的に若気の至りごっこゲームをします。(「若気の至りだよね」で許されそうなちょっとスリリングな遊び)

ちなみにコリドー街も菜々緒と行きました。

 

 

www.hachi13.com

 

 

さて、今回は恵比寿で何が起こったのか?本題に入りましょう

 

 

 

 

恵比寿横丁

恵比寿に有名な飲み屋街、恵比寿横丁がありますね。

菜々緒が恵比寿付近で働いているため、その日は「恵比寿横丁で飲もう」ということになっていました。

 

しかし恵比寿横丁に到着すると、とにかく人が多すぎる。若い人たちであふれかえってました。

人がいすぎてどこも満席だったので、諦めて違うところに行こうとなり、恵比寿横丁を後にしました。

そして今日は若気の至りごっこは封印して大人しく二人だけで飲むことになりました。

 

おしゃれな地下のレストラン

二人で彷徨った結果偶然見つけた地下のレストランに入りました。

nosebisu.com

 

店内は真ん中にドリンク用のキッチンのような場所が有って、そこを囲うようにカウンターの席がありました。店内の奥には、テーブル席もあって合コンも行われていました。笑

 

私たちは店に入ってすぐのカウンターに通されて、普通に飲みつつ食事とゲスい女子会を楽しんでました。

 

向かいに座っていたおじさん。好感ポイント

私たちが店員さんを呼ぼうとしてもなかなか気づいてもらえなさそうな雰囲気を出していたからか、カウンター同士が向かい合って座る形となっている前のおじさんが店員さんを呼んでくれました。

 

そしてそのおじさんがトイレに行こうとした時にわざわざ私たちの方に来て声をかけて来ました。

「もうお腹いっぱい?食べたいものあったらご馳走するから、好きなの頼みなよ〜!俺達のところにつけておいて!」

と声をかけられテンションが上がりました。笑

 

その後名刺を渡されて

「もしこの後合流して飲めそうだったら連絡して」とラインを交換して立ち去って行きました。

 

声をかけて来た時点で

・身分を明かしてきた

・その場で合流しようとせず、こちらに選択肢を与えてくれた

・一緒に食べないのにご馳走してくれた!!!

というのはとても好感度が高かったです。

 

2人で作戦会議。合流の決め手は?

「とりあえず2人で2軒目行こう」ということになり、またも適当に見つけたバーへ。

そこで話し合った結果、興味がうずいてしまい「若気の至りごっこだね〜」と3軒目合流することになりました。

合流の決め手として、おじさんが美容クリニックを複数経営しているらしく、興味をそそられたからです。笑

声かけてきた時も「安くやってあげるよ〜」と餌を蒔かれてました。

名刺を頂いていたので会社が実在しているものなのかどうかも、きっちりググらせてもらい確認して大丈夫そうだったので決行!

 

合流してから

合流場所はまさかの先ほどのお店の上にあるこちら。

madison-ny-k.com

 

先ほどのおじさんは2人組だったので、合流して4人で飲んでました。

終電間際になっておじさんのうちの1人が「家庭があるから帰る」と言って帰ろうとしたので、帰ろうとしたのですが菜々緒ウイスキーの銘柄でおじさんと盛り上がっていて、4軒目に誘われたのでタクシー代をもらうことを条件について行きました。爆

 

ここでおじさん1人になったので3人になりました。恵比寿のバーに連れて行かれ飲む飲む〜。

ここで飲んだヨーグルトとマスカットのリキュールが美味しかったです。なんだっけ。

 

突如おじさんが

「もう1人先輩合流していい?」とのことで、次はワインの銘柄で盛り上がっていたので、超絶帰りたかったのですが渋々ついて行きました。

 

まさかの自宅

タクシーで向かった先はまさかの広尾にある別宅。私たち絶句。

危険を察知したので、

「1時間で帰る。絶対帰る。なんかあったら名刺持ってるし警察に突き出す。飲み物に薬とか混ぜないでくださいね!」と我ながらアホだと思う言葉を並べて渋々家に入りました。

 

もう1人のおじさんも待ってました。ここは2人で共同で借りている部屋だそうです。もう明らかに怪しすぎて笑いました。

1時半ぐらいになって帰りたくなってタクシー代もらって帰りました。

 

残念ながら広尾から我が家までは¥10,000じゃ帰れませんでした。

 

後日談

おじさんがミュージカルが好きと言っていたし、私も劇団四季見に言ってみたかったので連れて行ってもらいましたw菜々緒と3人で行こうとしていたものの、仕事で都合が合わず結局2人で行ってきました。

その日はなぜかおじさん車できてて車内に2人きりとか地獄すぎて萎えたし、帰りに口説かれて更に超絶萎えたので、以降はブロックしました。

 

教訓

今回は何もなかったからいいものの、

港区おじさんには気をつけろ!!

 

女を釣る餌が何かを心得てます。

軽い気持ちで遊ぶならいいけど、のめり込んだり、やられたりしたら地獄です。

気をつけましょう〜♪